×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸手術

乳房と乳首

豊胸手術イメージ

私たち人間の乳房と乳首は1人1人違い、また左右でもそれぞれ違います。 陥没乳首というものが、乳首の問題として多いくあり、陥没乳首の主な治療法として、手術を行う場合と、吸引器による保存治療などがあげられます。 一般的には突き出ている乳頭がへこんでいる状態を陥没乳首というのですが、原因として考えられるのは、 乳腺が短かいこと、そして組織の癒着が強いことが考えられます。乳頭が乳管に引っ張られて内側に反転してしまった状態がそれにあたります。 陥没乳首でも生活には不便はありませんが、見た目の問題だけではなく、授乳の際に赤ちゃんにちゃんと授乳できない問題があげられます。 陥没乳首の治療は豊胸手術と違い短時間でおわるものですから早めに治療しておきましょう。 乳首の問題よりも乳房の問題として多いのがやはり乳房の形、大きさ、垂れ具合などでしょう。 美容目的で乳房の手術をうけるものが約80パーセントにのぼり、残りの20パーセントは乳癌手術後の乳房の再建手術です。 乳癌の患者が手術により乳房を失ってしまうと、女性は乳房を切りとったことで影響が生活全体に及びます。 美容目的の乳房再建術としてシリコンバッグ挿入をするが、シリコンバッグの登場により多くの女性が安全で効果的な乳房再建術というものを受けることができるようになりました。

巨乳

豊胸手術イメージ

小さな胸を豊胸手術により巨乳にしたいと悩む方もいればその逆も少なくありません。 巨乳で悩んでいる方も実は多いようです。実はバストの美容整形というものは大きすぎる乳房を縮小するために行われていたことから はじまったんですよ。 巨乳の悩みは間首と背中が痛くなり、肉体的だけではなく精神的にも苦痛に感じてしまうことが多く、関節炎などの悪化にもつながることがあるのです。 女性にとって乳房が大きすぎたり、垂れていたり、あるいは左右のバランスの悪いというものは本人だけにしかわからない深刻な悩みともいえるでしょう。 胸を注目されることにより、大きすぎて目立つバストを恥じている少女は多いのです。 一般的に鎖骨から乳首の中心までを測り乳房の垂れていない平均的サイズのバストは、19〜20センチぐらいでです。 巨乳となり乳房が垂れてしまうとこの鎖骨から乳首の中心までを測ると35センチ以上にもなってしまいます。 見た目だけの問題より肉体的な苦痛が伴うのではないでしょうか。 大きなバストにより肩に食い込むブラジャーの肩紐の不快感を感じ、胸の重さで肩がり、、姿勢も悪くなることから腰まで痛めてしまうということも あるようです。あなたが思うほどではないかもしれませんが、精神的、肉体的に苦痛ということであれば一度専門医に相談してみるのはいかがでしょう。